グループホーム(チェリーハウス)

概要

共同生活をしながら自活の力をつけるグループホーム


一人で暮らすのはちょっと心配だけれど仲間がいれば、支えあって暮らせます。
グループホームではそんなあなたの夢をかなえる、入居型の自活訓練施設です。

居室   :一人部屋(6畳程度) 冷暖房完備
費用   :共益費1ヶ月15,000円(利用料自己負担が生じる人もいます)夕食代400円
入居対象者:主診断が統合失調症や感情障害圏の方が中心です。
利用期限 :2~3年で自活を目指します。
1年以内で体験的に利用する、ミドルステイもあります。
スタッフ :世話人 代替世話人 顧門医

利用の手順
1 希望者は電話で問い合わせ
2 地区担当保健師さんと一緒に見学
3 夕食会参加を経て申し込む
4 台東区の障害区分認定調査を受ける
5 空き室が出るまでの待機者
6 空き室が出たら試験宿泊
7 顧問医面接と入居検討会
8 入居

第1チェリーハウス


場所 :台東区西浅草(非公開)
定員 :7名
問合せ:℡03-3843-1035
ブログ:第1チェリーハウスブログ

第2チェリーハウス


場所 :台東区西浅草(非公開)
定員 :6名
問合せ:℡03-5830-3306
ブログ:第2チェリーハウスブログ

第3チェリーハウス


場所 :台東区雷門(非公開)
定員 :6名
問合せ:℡03-3844-8939
ブログ:第3チェリーハウスブログ

ショートステイ事業


第2チェリーハウスの一室を使って、短期の宿泊ができます。
静かなお部屋にベッド、テレビ、冷蔵庫、日用生活用品がそろっています。

利用出来る人
★ 台東区に住民票がある人
★ ある程度症状が安定している人
★ 精神保健福祉手帳、または、自立支援医療受給者証の交付をうけている人
★ 主治医からショートステイ利用が適当と勧められ、かつ関係機関の支援が受けられる人。

こんな場合に利用できます
★ 休息の場として。家族が旅行などで居ない間。
★ グループホーム入居前の体験の場として。

費用
★ 1日500円 夕食代400円(1泊2日1,000円 2泊3日1,500円)

利用期間
★ 1日~1泊2日~最長1週間(6泊7日)
★ チェックイン16:00 チェックアウト9:00(応相談)

利用手順
★ 第2チェリーハウスへ電話⇒紹介者と見学⇒台東保健所に利用申込み(主治医の紹介状要)⇒登録⇒空いている日の調整⇒支援者の紹介状を提出して宿泊

単身サポート事業

グループホームの卒業生で、ひとり暮らしをする人に対し、アパート探しや、一人暮らしがうまく定着するような支援をします。

費用
★ 無料

利用の手順
★ チェリーハウスの担当者会議で、一人暮らしの確認
★ 台東保健所5階へ事業の申し込みと登録

支援内容
★ アパート探し。不動産や大家との調整
★ 福祉サービス利用の相談
★ 医療機関、通所機関などとの連携。
★ 契約や住民票などの住所変更などの支援。
★ 一人暮らしが定着するまでは集中的に支援
★ 落ち着いたら、家庭訪問などで見守る。

期間
★ 契約期間は1年。
★ 契約終了後は、支援センターあさがおに引き継ぐ。